アクセスランキング

~* with all my heart *~

ほっと心暖まる、そんな写真を届けたい

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

web拍手


にほんブログ村 写真ブログ マクロ撮影へ にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ  blogram投票ボタン

trackback: -- | comment: -- | edit

お城下ウォークに参加 4 

IMG_0810-1.jpg

ど~~んと、ものすごい存在感で建つこの建物が、道後温泉本館です。
この建物は明治時代に建てられた近代和風建築の歴史ある建築物で、
1994年に国の重要文化財に指定されました
それから、知ってる方も多いと思いますが、「千と千尋の神隠し」で登場する
油屋のモデルになったと言われています。

IMG_0819-1.jpg

この道後温泉本館は温泉共同浴場となっていて、1階に「神の湯」、2階に「霊の湯(たまのゆ)」があります。
また、この建物には振鷺閣(しんろかく)、又新殿(ゆうしんでん)、坊つちやんの間があります。
振鷺閣(しんろかく)は朝6時の開館時および正午、午後6時に太鼓を鳴らす場所で、
1996年に環境庁の日本の音風景百選に指定されました。

又新殿(ゆうしんでん)については後述します。

坊つちやんの間は、3階一番奥の個室のことで、夏目漱石ゆかりの資料の置かれた部屋があり、
開放されていて、利用者は誰でも見ることができるようになっています。



道後温泉本館は別名を「坊っちゃん湯」として親しまれているわけですが、「坊っちゃん」といえば夏目漱石ですね。
夏目漱石は、道後温泉本館が完成した翌年に、松山中学(現在は愛媛県立松山東高等学校)の
英語教師として赴任してきました。
そして、夏目漱石は道後温泉本館の建築に感動して、後の小説「坊っちゃん」の中でも
「温泉だけは立派だ」と絶賛していて、実際に頻繁に通ったそうです。
小説「坊っちゃん」の中でも「住田温泉」として登場しています。
これにあやかって、「坊っちゃん湯」と呼ばれるようになったとされています。
文豪が愛した温泉、なんだか歴史を感じさせますね。

この後、道後温泉本館の周りををぐるっと回りました。
又新殿(ゆうしんでん)を写真付きで次に紹介します。
 

web拍手


にほんブログ村 写真ブログ マクロ撮影へ にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ  blogram投票ボタン

thread: 写真日記 | janre: 写真 |  trackback: 0 | comment: 2 | edit

この記事に対するコメント

こんにちは!
道後温泉は数年前にお風呂入りに行きました。笑
夜だったし、風呂に入りに行っただけで外観をよく見てませんでした。
建物の左側から観るとあんな奥行きのある立派な建物なんですね!
ほとんどの写真が正面ばっかりですから、初めて知りました。

権左ヱ門 #- | URL | 2009/11/07 11:20 * edit *

Re: タイトルなし

>権左ヱ門さん

お返事が遅くなってすみません!
まだ体調が戻ってません・・・。
ことづてにてお祝いのコメントくださってありがとうございました^^

道後温泉に来られたことあるんですね♪
夜だとライトアップはされてるけど、全景は見れませんね。
昼と夜とでは、また周辺の雰囲気も違うと思います。
良く見る写真は、道後温泉の看板入りの正面写真ですもんね^^
なかなか大きな建物です!

ゆみすけ #- | URL | 2009/11/10 18:54 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kissx2photo.blog61.fc2.com/tb.php/114-ad4dfeab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。